幸せを感じない理由と病気になりやすい人の共通点

サイトメニュー

医者とハート

気が付いたら病気かも

普段考えることがない幸せ感ですが、この幸せ感を全く感じなくなった時には病気を考えましょう。幸せを感じない病気としてうつ病があり、症状が重くなってしまうと回復にも大きな時間を要してしまいます。早めに病院へ行くことも良い方法です。
医者

精神的に病んでいるとき

幸せを感じない病気にかかった場合には、ネガティブな情報ばかりを感じてしまった場合です。このような場合には、精神科や心療内科で心の仕組みを解き明かしてもらいましょう。気をつけることは、勝手に原因を決め付けないことです。

何が要因となるのか

女性

理由を知って気分転換に努めよう

幸せを感じない病気を引き起こす要因には様々なものがありますが、その根底にあるのがストレスであることは間違いありません。人はストレスを感じていないときは、色々なことに対して幸せな気分を感じることができるものです。しかしいったんストレスにさらされると物事を悪い方に考えやすくなり、決して幸せにはなれないような気持ちになってしまいます。会社で仕事や人間関係が上手く行かないときや、学校でいじめに遭っているとき、子育てで頼る人がいないときなどは大きなストレスを感じます。また大切にしていたペットとの別れや家族との別れも、幸せを感じない病気の引き金になることが少なくありません。人間の記憶はフライパンとマジックテープに例えられる話を聞いたことはないでしょうか。幸せな記憶はテフロン加工されたフライパンのように簡単に記憶から消えていくのに対し、嫌な出来事や忘れたい事柄はマジックテープのように張り付いてなかなか消えないという内容です。人間は元々最悪の時のことを考え、それに備えるのが本来備わっている能力だと言われています。幸せを感じない病気になりやすい人は、常に物事を悪い方へと考えがちな傾向が見られます。そのため幸せを感じない状態が長引くことも多く、気力も活力失って行ってしまうのです。

幸せを感じない病気はなりやすい人となりにくい人があり、楽観的な考えの持ち主は幸せを感じない病気にはなりにくいものです。また現状に満足している人や常に感謝の気持ちを忘れない人も、幸せを感じない病気にかかりにくいと考えられています。ではどのような人がかかりやすいかというと、まず常に自分を人と比べている人や人の幸せをねたんでいる人です。自分がいつも一番頑張っているのに周りがそのことを認めてくれないといった不満を抱いている人も、幸せを感じない病気にかかるリスクが高まります。このままの状態が続くと精神的にも参ってしまい、うつ状態に陥ることが少なくありません。さらにひどくなればうつ病を発症することにもなりかねませんので、負のスパイラルを断ち切ることが非常に重要となります。ストレスを感じさせる事柄を考え続けていると、頭の中は常にその考えに支配され続けてしまいます。そうならないようするためには、全く考えずに済む時間が必要です。例えば犬が好きな人なら可愛い犬がたくさん出てくるようなテレビを見たり、日常生活とは全く違った世界に浸れる映画を見て頭をフローにするのです。旅行が好きだった人なら旅に出たときの笑顔で写っている自分の写真を見て、楽しかった出来事を振り返ってみると良いでしょう。それでも幸せな気持ちを取り戻せないときは、専門医に頼ってみることをおすすめします。

男医と女医

幸福や喜びを感じる心

うつ病やスキゾイドパーソナリティー障害、幸福恐怖症などを患うと幸福や喜びを感じられなくなります。幸せを感じない病気になったら精神科で治療を受けることが必要です。もし精神科の利用に躊躇いを感じるようなら、各相談窓口を利用してみましょう
悩む成人女性

幸せを感じない理由を知る

様々なストレスが入り混じる現代社会にあって、幸せを感じない病気にかかっている人はかなりの数に上ると考えられます。ネガティブな思考習慣をポジティブ思考に変えることは難しいものですが、幸せな人生を送るためにはぜひ実践したいものです。