幸せを感じない理由と病気になりやすい人の共通点

サイトメニュー

幸福や喜びを感じる心

男医と女医

専門家のアドバイスが必要

心の病を患う人が増え続けています。世界では3億人前後、日本でも400万人以上の人が医療機関を受診しているというデータがあります。かつて心の病は怠け心や甘さが原因とされ、適切な治療が受けられない時代がありました。しかし今ではうつ病をはじめとする心の病は他の病気と同様、誰もがかかる可能性のある病気として認識されています。心の病になると抑うつ感や強い不安感に襲われ、マイナスのイメージを払拭することができません。中には昇進や結婚など喜ばしいことでさえも心の負担になることがあります。このような理由から、幸せを感じない病気と言えるでしょう。幸福感や喜びを感じられないという症状はうつ病や双極性障害の人の中にもいますが、特にスキゾイドパーソナリティー障害を持つ人に多く見られます。この病気になると褒められても批判されても、あまり反応がありません。さらに孤独を好み、他人との親密な関係を築こうとせず、一貫してクールに振る舞います。そして幸福恐怖症になると幸せを不幸の前兆として考えたり、幸福になることは悪いことだという観念に悩まされます。このような幸せを感じない病気は一定の期間を超えると自然に回復することは殆んどないので、できるだけはやく専門医の診察を受けることが必要です。

心の病である幸せを感じない病気を治療してくれるのは精神科です。精神科と聞いて、少し敷居が高いと感じる人も多いでしょう。しかし精神科も他の診療科目と同様に通常の医療機関であることに変わりはありません。待合室や診察室の雰囲気は明るく和やかな病院が多いのが特徴です。そして心の病になった人の中には病気であることを認めたがらない人もいます。そのよう患者を持つ家族や身近な人は本人が幸せを感じない病気であることを自覚させることが回復への第一歩となります。その際、無理強いはせずに患者を導いてあげましょう。もしどうしても受診させることが困難なら、各自治体が設置する相談窓口を利用するのがおすすめです。保健士や精神保健福祉士などの経験豊富なスタッフが在籍しているので、安心して相談できます。ここでは必要に応じて医療機関の紹介もしてくれます。そして実際に治療がはじまったら、医師の方針に沿いながら治療に専念できる環境づくりを心がけることが大切です。精神科では薬物療法による治療が中心となりますが、症状が軽減したからと言って勝手に薬の服用を中止してはいけません。自己判断で薬を止めると、副作用が強まったり症状が再発することがあるので注意が必要です。