幸せを感じない理由と病気になりやすい人の共通点

サイトメニュー

精神的に病んでいるとき

医者

仕組みや気をつけることの全貌

人間は時として、幸せを感じない病気になってしまうことがあります。幸せを感じない病気になってしまう場合には、必ず原因があることを理解しておきましょう。たいていの場合は、物事をネガティブにとらえ過ぎていることです。例えばニュース番組を見過ぎている人や周りの友達などがネガティブな人は、そのような病気に陥る傾向があります。基本的にニュース番組などは、ポジティブなニュースはほとんど流さず、視聴率の取りやすいネガティブなニュースを流す傾向があります。そうすると、世の中はネガティブなことばかりが起こると考えるきっかけになり、自分自身もネガティブになってしまいます。ただ逆にポジティブになればよい訳ではありません。基本的にはどちらも大事で、このバランスをとることが重要です。思考が極端にネガティブになってしまった場合には、精神科や心療内科に相談をしに行くのも良いでしょう。このような心の仕組みは、精神科や心療内科の先生もよく理解しています。自分がなぜネガティブになったのかわからない的には、カウンセリングを受けてその心の仕組みをよく確認しておきたいところです。プロのカウンセリングは、自分自身では分からなかったような答えを上手に引っ張り出してくれるのが特徴です。

幸せを感じない病気になった場合には、自分自身でもなぜそのような病気になったのか疑問に感じるはずです。同じ世界に生きていてもほかの人は幸せを感じない病気になっていないのに、なぜ自分だけそのような病気になってしまったのか疑問に感じるでしょう。この時、勝手に結論を決めつけないことが重要です。少なくとも精神に関する病気は、原因が一つ出ないことがほとんどです。一つの原因だけを取り出して、これが原因などでこれを取り除けば自分は元通りの状態に戻れるなどと考えてはいけません。よくある勘違いは、ネガティブな思考自体ができないと考えてしまうことです。確かに自己啓発セミナーなどではとにかくポジティブに接するあるいはポジティブに生きることを勧めることがあります。しかし、消してポジティブが正しくてネガティブは間違えている訳ではありません。ネガティブな感情が原因だとしても、ネガティブを否定して無理やりポジティブで覆い尽くすのではなく、ネガティブな感情がなぜ起こったかを考えることが重要です。自分一人で難しければ、心療内科や精神科の先生あるいはカウンセラーに手伝ってもらいましょう。通院する場合でも、一回当たり\3000前後で済ませることが可能になります。