幸せを感じない理由と病気になりやすい人の共通点

サイトメニュー

幸せを感じない理由を知る

悩む成人女性

大きなストレスを抱えていませんか

幸せを感じない病気は別名「幸福恐怖症」とも呼ばれており、幸せになるのが怖いため敢えて幸せを感じないようにしているという人が少なくありません。また幸せの後には必ず不幸がやってくると信じていたり、もともと人生は苦しくて辛いものだと考えている人に多く見られます。人を信用すれば裏切られるのではないかと考えたり、不幸になった友人を差し置いて自分が幸せになっては申し訳ないという気持ちから、幸せを感じない病気になってしまうこともあります。また幸せな人は適当に仕事をして楽に給料をもらっている人を軽蔑していることがあり、真面目な故に怠惰な姿勢を受け入れることができません。また幸せを感じている人に対して不謹慎だという考えを抱いているがために、幸せを感じない病気になってしまうことも多いのです。思考について言えば常に良いことよりも悪いことにばかりに目が行き、明るい未来を描けない人が幸せを感じない病気になりやすいと言えます。何事においてもネガティブ思考のため、物事をポジティブに捉えることができないのです。こうなると負のスパイラルに陥ってしまいますので、「明日は明日の風が吹く」や「ケセラセラ(なるようになるさ)」という考えに変えていくことが重要です。

仕事や勉強、育児や離婚などで大きなストレスを抱えている人に「あなたは幸せを感じていますか」と尋ねたところ、そのほとんどの人が「幸せを感じない」と答えました。このような幸せを感じない病気になる人は近年増加傾向にあり、うつ病を発症する人が年々増えていることを裏付けています。中には将来に絶望感を抱いてしまう人も少なくなく、職場や自治体では不幸な結果を生み出さないようにするための努力が進められています。幸せを感じない病気にかかった人は仕事や日常生活に支障をきたすことも多く、重症化する前の対策が欠かせません。一定数以上の従業員がいる企業に産業医を在籍させるよう法制度を整えたり、企業側は積極的に配置替えや環境対策などに取り組んでいます。学校にも心理カウンセラーを常駐させたり、子育て支援センターが相談窓口を設けるなど幸せを感じない病気に対する注目度は高まりつつあります。幸せを感じない病気にかかった人は周囲に相談することができず、一人で孤立してしまうケースが少なくありません。自殺につながる恐れもあるため、最近幸せそうでないなと感じる人がいれば心療内科を受診するようすすめることも大切です。大切な命を守るためにも、幸せを感じない病気かから目が離せません。